体に合ったボディーピアスを|デザインだけでなく素材にも配慮

アクセサリー

安心して着用する

怖いなら病院で

装飾品

ピアスの穴を開けるなら、まずは耳たぶからが良い、などということを聞いたことはないでしょうか。その主な理由として、他の箇所に比べ、痛みが比較的少ないから、といったことが挙げられます。そのため、いくつか挑戦してみて、慣れてきたらボディーピアスの方も、検討してみると良いです。ただし、耳だけでなく、ボディーピアスも同様なのですが、できるだけ病院でやってもらうことをお勧めします。というのも、ピアスをするためには、当然のことながら、皮膚に穴を開けるわけで、不潔な器具を使ったり、知識の浅い人にお願いしてしまうと、化膿したりして、後悔することになるのです。そんなトラブルを避けるためには、口コミなどを参考にして、外科や皮膚科に行くようにしておくと安心です。

どうしても自分でやるなら

病院に行くとお金がかかるので、自分でボディーピアスをしたい、というのなら、決してできないことはないですし、多くの人がチャレンジしているので、やってみても良いでしょう。ただし、間違っても安全ピンなどで、作業をしてはいけません。ボディーピアスをするためには、いくつか専用の道具があり、その中の一つにピアッサーというものがあります。皮膚を挟んで貫通させることができるものや、同じような感じではガンタイプがあり、これらは初心者でも扱いやすいので、探してみると良いです。他にもニードルと呼ばれる注射器のようなものがあるのですが、これを使用すると綺麗に穴が開けられます。いずれの道具も、個人で使えるように配慮されてはいますが、安全には十分に気をつけて行いましょう。