体に合ったボディーピアスを|デザインだけでなく素材にも配慮

アクセサリー

人と違うもの

装飾品

ボディーピアスをする際に人と同じ物を持ちたくないと考えてしまう方も多くいるでしょう。そのような場合にはハンドメイドや近くでボディーピアスを作る事ができる人がいれば依頼をしてみましょう。しかし、ハンドメイドでも既成品でもどちらにもメリットは有ります。

詳細を確認する...

安全なピアス

ピアスについて

アクセサリー

ボディーピアスというのはとても安全である。それはサージカルステンレスという金属で作られており、このサージカルステンレスでアレルギーがおきるということはほぼないからである。だから昔はファーストピアスに金やチタンなどを用いることが多かったが、今ではファーストピアスにサージカルステンレスを使っている病院も多い。ボディーピアスというものはゲージというものがあり、普通のピアスとは異なっている部分がある。ゲージというものは、ボディーピアスの軸の太さのことである。普通のピアスなら18ゲージを選べば間違いないのだが、ボディーピアスとして一般的になっているものは16ゲージのものである。ファッション目的でボディーピアスをする人はどちらも使うことが多い。

種類と開け方

ボディーピアスの特徴は種類の多さにある。耳にすると言っても耳たぶから軟骨まで様々な場所にすることができる。最近増えてきたのはヘソピを開ける人だ。これも最初こそシンプルなデザインで引っ掛けたりしないようにしなければならないが、セカンドピアスには派手なものを選ぶこともできる。耳でも耳たぶにたくさんあけて並べてつけたりすると、自分のセンスが試されるようで楽しい。軟骨は痛いと思われがちであける人は少なかったが、最近は芸能人の影響もあってかあける人が多くなった。ボディーピアスというのはピアッサーではなくニードルとよばれる刃物で開けることが多い。そのため病院や専門的な知識のあるスタジオで開けることが一般的で、自分であける人は初心者には少ない。

購入前に考える事

装飾品

ボディーピアスをする際はどこのつけるのかを考えてから購入するようにしましょう。男性用のボディーピアスと女性用のボディーピアスが分かれて販売されている事が多いのでデザインなどを見ながら自分に合っている物を探しましょう。

詳細を確認する...

安心して着用する

装飾品

ボディーピアスをしたいのなら、安全を考慮して、やはり専門家にお願いする方が良いです。ただ、さまざまな理由から自分で行うなら、安易な方法を選ぶのではなく、ちゃんとした道具を使うようにしておくことで、後悔は減らせるかもしれません。

詳細を確認する...